kaigoスナックは、歯科医師・看護師・管理栄養士がスナックママに扮し、お客様と一緒に嚥下と栄養について、ゆるく楽しく学ぶ場所です

「大人の楽しい社交場であるスナック」の雰囲気の中で

老若男女問わず
障がいの有無を問わず
職種の違いを問わず
様々な立場の方が集まって

介護食(嚥下調整食)の体験をしながら
「美味しく食べ、幸せに生きること」について
語り合い ゆるく学ぶ
それが「kaigoスナック」です。

普段は医療介護関係の仕事に従事している、一夜限りのママ&バーテンが、あなたをおもてなし致します。

生きていく中で誰もが直面する 病気・障害・老い
その中で少しでも前向きに希望を持って生きること
食べること飲むことを入り口に
そんな語らいや情報交換が出来る場でありたいと思っています。

「参加対象は?」とよく聞かれますが

嚥下障害(噛む・飲み込む機能の低下した状態)や栄養、医療介護における食の悩みについてご興味のある方ならどなたでもご参加いただけます。嚥下や栄養の悩みは高齢者に限りません。障害のあるお子様や若い方、癌などの疾患に伴う嚥下障害の方も多く、そういった方々やその方を支える周りの方々にとっての、情報のインプット・アウトプットの場であり、居心地の良いコミュニティの場でありたいと思っています。

今のところは当事者の方よりも、主にその方を取り巻く介護者の方、医療従事者の方、ご家族の方にとっての学びの場となっていますが、もちろん当事者の方のご参加も頂いていますし、まだ介護に縁がない若い世代の方にも、ぜひご参加いただけたら嬉しいです。「比較的元気なうちから、前もって情報を得ておくこと」は、医療介護や日々の生活において、とても有益なことだと思います。

特に参加対象に境界線を引いてはおりませんが、会場のバリアフリー設備や嚥下障害の重症度によっては、事前に個別に綿密なお打ち合わせを行った上でご参加頂いております。

「kaigoスナック」は嚥下と栄養に関してゆるく楽しく学ぶ場というコンセプトで現在はイベントとして行っておりますが、

いつかこんなふうな、「どんな立場でもその場に参加でき、悩みを聞いてもらえる、人とつながれる、一緒に美味しく食事が出来る、心身ともに健康になれる。」そんなお店が街のいたるところに出来たら良いなと思います。