食嚥下・栄養に関連する お役立ちリンク集

【介護食(嚥下食)レシピ】

omgファミリーのブログ

kaigoスナックの在川シェフの介護食レシピ集。のどに詰まりにくいお餅のレシピや、kaigoスナック定番の焼き肉など。

メディケア食品(マルハニチロ)のレシピ

マルハニチロの素材を使った介護食レシピ集。


【医療機関・飲食店の検索・情報収集】

摂食嚥下関連医療資源マップ

摂食嚥下障害の方の検査・診断・リハビリを行っている医療機関や、嚥下食(介護食)を提供してくれる飲食店を検索できます。kaigoスナックも嚥下障害関連イベントとして登録していただいています。お近くにどんな医療や飲食店のリソースがあるか、確認してみてはいかがでしょうか。

PDN(Patient Doctors Network)

PDN(Patient Doctors Network)は、 経腸栄養法のひとつであるPEG(経皮内視鏡的胃瘻造設術)および関連する栄養療法全般についての情報提供を行うNPO法人です。ホームページの情報で医療に関する内容については、医師及び医療関係者が監修しており、信頼できる情報が掲載されています。胃瘻をしていても口から食べることは出来ることや、むしろ胃瘻のほうが鼻からのチューブなどより嚥下リハビリに適していることなど、誤解されがちな経管栄養についての情報も適切に書かれています。専門的なことから一般の方向けの情報まで広く情報発信されています。PEGの施行や嚥下訓練を行っている医療機関の検索も可能です。


【飲食店】

フランス料理HANZOYA

新横浜にあるフレンチレストラン。嚥下障害のある人にもない人にも美味しく食べられるフレンチ「スラージュ」の開発をされ、実際に提供されています。嚥下が難しくなったご家族と一緒に、HANZOYAさんで美味しいひとときをお過ごしください。


【お子様向け情報】

大高美和 ゆめのめDAYS 摂食嚥下障害のある娘めめさんと管理栄養士ママのブログ

摂食嚥下障害のあるお子様向けメニューのセミナーや情報発信を積極的に行っている管理栄養士大高さんのブログ。児童発達支援・放課後等デイサービス事業を行うNPO法人の代表理事もされています。

つばめの会

摂食嚥下に困難のある乳幼児・小児の親御さんの会です。体験談を共有したり、情報発信をされています。


【食支援団体】

新宿食支援研究会

新宿区の歯科医師の五島先生が率いる食支援団体です。医療専門職や地域住民が食をテーマに数々のワーキンググループを作り、活動されています。勉強会も数多く企画されています。

京滋摂食・嚥下を考える会

京都の外科医の荒金先生が率いる食支援団体です。京都ならではの和菓子の嚥下食の開発や、とろみつきの日本酒の開発など、地域の方々と協働で生活に密着した食支援をされています。

いただきますの会

国分寺の歯科医師の横山先生が率いる食支援団体です。公開セミナーやクッキングセミナーなど数多くの企画を地域向けにされています。

食べるを支える

口腔リハビリテーション多摩クリニックの協力のもとで活動されている一般社団法人です。食支援についての様々な情報を発信されています。


【企業】

株式会社 フードケア

介護食関連の材料(とろみ剤やゲル化剤など)のメーカー様です。kaigoスナックでのメニュー開発・提供などにご協力頂いています。ゲル化剤の「スベラカーゼ」や、嚥下食お寿司に使いやすい「やわらかしゃり玉」などはkaigoスナックでもよく利用しています。

カムリエ

嚥下障害の方にも食べやすいケーキの販売や、嚥下食の調理ワークショップなどを定期的に開催されています。

株式会社 宮源

介護食関連の材料(とろみ剤やゲル化剤など)のメーカー様です。加熱不要のゲル化剤「ミキサーゲル」や、お湯を加えるだけでゼリー粥が作れる「宮源のお粥」などは特に便利です。

イーエヌ大塚製薬株式会社

介護食と言えば、イーエヌ大塚の「あいーと」を連想される方も多いのではないでしょうか。見た目そのままでスプーンで潰せる柔らかさの「あいーと」はkaigoスナックでも多く利用させていただいています。

マルハニチロ株式会社

水産加工品の大手ですが、介護食の食材も多数手がけられています。特に「やさしい素材」シリーズなど、素材に一工夫だけで美味しい介護食にアレンジできる素材が数多くラインナップされているので、kaigoスナックでも多く利用させていただいています。